入居者をがん末期患者や難病患者等に限定したホスピス住宅にてケアサービスを提供しております。訪問看護と訪問介護事業所を併設又は近設もしております。

ホスピス住宅

ホスピス住宅は、がんや難病など専門的な緩和ケアを必要とする患者さんが集まって住む「おうち」です。
この「おうち」には訪問看護士、訪問療法士、訪問介護士が常駐していて、いつでも看護介護サービスを受けることができる住宅です。
ホスピス住宅は施設ではありません、あくまでも「自宅=おうち」です。
「おうち」とは、自由(自己決定)とコミュニティの中で生きるという「コト」として捉え、医療や福祉先進国である現代の日本に必要な新しい住宅です。

 

ホスピス住宅には24時間365日、看護師が常駐。食事は専任シェフが常駐し3食提供、介護職や医療職に対応。「おうち」として自己決定を尊重します。

訪問看護サービスとの連携

「おうち」での療養と、「おうち」で最期を迎えたいという国民の願いを叶えるには、訪問看護などの在宅サービスだけでは限界があります。療養者を支える家族は、「おうち」で最期まで頑張るか、限界を認めて療養者を施設や病院へ移すのかという、「0か100」の選択を強いられています。

 

その様な状況に新たな選択肢を提供するのがホスピス住宅の使命です。訪問看護サービスと連携しながらサービス提供を行ってまいります。